iPhone14 ProのA16チップGPUアップグレードが取りやめになった理由が判明!

投稿日:

by kenji

Apple

今年9月に発売されたiPhone14 Proモデルは、当初噂されていたほどA16チップのGPU性能が向上しませんでしたが、その理由が判明し、話題になっています。

iPhone14 ProのA16チップGPUアップグレードが取りやめになった理由

9to5Macによると、The Informationは、Appleシリコンチップ開発グループ内の従業員が数十人規模で他社へ引き抜かれたことをレポート。

その中で、iPhone14 Proに搭載されているA16チップのGPUアップグレードが取りやめになった理由が判明。

AppleはiPhone14 Pro用の次世代GPUに取り組んでいましたが、開発の後半にエンジニアリング設計ミスが発見され、計画を破棄しなければならなかったとのことです。

具体的には、エンジニアが新機能を追加することにあまりにも野心的であったため、プロトタイプがシミュレートされた予想よりもはるかに多くの電力を消費し、GPUのせいでバッテリー寿命が短くなり、熱が発生しました。

そのため、iPhone 14 Proに搭載されているA16チップのGPUコアは、iPhone13 Proに搭載されているA15チップに見られるGPUコアと同様の構造を使用しており、当初噂されていたほどのA16チップのGPU性能の向上がなかったとのことです。

iPhoneも年末大掃除! きれいな状態で使い続けるためのお手入れ方法まとめ

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事