iPhone15はQualcomm 5Gモデムを搭載!サプライチェーンレポート

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは来年2023年9月にiPhone15シリーズを発売すると予想されていますが、iPhone15シリーズについて、Qualcomm 5Gモデムを搭載するのではないかとサプライチェーンサイドからレポートがあり、話題になっています。

iPhone15はQualcomm 5Gモデムを搭載

MacRumorsによると、台湾のDigiTimesは、AppleのiPhone15シリーズに搭載されるモデムチップについてレポート。

DigiTimesによると、 iPhone15シリーズには、QualcommのSnapdragon 5Gモデムが引き続き搭載され、TSMCが、5nmおよび4nmプロセスで製造されるiPhone15シリーズで使用するQualcomm 5Gチップの主要サプライヤーになるとのことです。

今年9月に発売されたiPhone14シリーズには、Snapdragon X65モデムが搭載されています。

iPhone15シリーズには、平均速度の高速化、カバレッジの向上、信号品質の向上、遅延の低減、最大60%の電力効率の向上を実現する人工知能機能を備えた、最新のSnapdragon X70チップが搭載されると噂されています。

Appleは2023年に独自の5Gモデムに切り替える計画でしたが、まだ完成しておらず、少なくともiPhone15シリーズまでは、QualcommのSnapdragon 5Gモデムが搭載されるとのことです。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事