Apple iOS16.1.2への署名を停止!iOS16.2からダウングレード不可に

投稿日:

by kenji

Apple

iOS16.2が先週すべてのユーザー向けにリリースされました。

AppleはiOS16.2のリリース後わずか1週間で、iOS16.1.2への署名を停止しました。

iOS16.1.2への署名停止

AppleはiOS16.1.2に署名することをやめました。

Appleは、ユーザーにオペレーティングシステムを最新の状態に保つよう促すために、新バージョンのリリース後、古いバージョンのソフトウェアアップデートへの署名を定期的に停止しています。

AppleがiOS16.1.2へ署名停止したため、iOS16.2へアップグレードしたiOS16.1.2へのダウングレードができなくなりました。

iOS16.2からiOS16.1.2へダウングレードできない影響

iOSをアップグレードした後にバグなどの影響でうまくiPhoneやiPadが作動しないときにiOSをダウングレードすることがあります。

iOS16.2で問題が発生した場合でも、iOS16.1.2にダウングレードすることができなくなりました。

ただし、AppleがiOS15.7.2を提供しているため、iOS16.2からiOS15.7.2へMacやPCを使ってダウングレードすることは可能です。

iOS16.2の新機能・バグ修正・セキュリティアップデート

iOS16.2アップデートでは、新機能追加とバグ修正およびセキュリティアップデートがありました。

新機能

iOS16.2アップデートでは、新しいフリーボードアプリ、Apple Musicの新機能「Apple Music Sing」が搭載され、iPhone14 Proモデルのロック画面のオプションが追加されました。

Game CenterのマルチプレイヤーゲームがSharePlayに対応し、FaceTimeで通話中の人とプレイができ、アクティビティウィジェットで、ホーム画面から直接、友達がプレイしているゲームやその達成状況を見ることが可能になりました。

また、ホームアプリに新しいアーキテクチャが導入され、AirDropの「すべての人」オプションに10分の時間制限導入されました。

バグ修正

iOS16.2のリリースノートによる修正点は、以下の通りです。

  • iPhone 14とiPhone 14 Proモデルでの衝突事故検出の最適化
  • アップデート後に一部のメモがiCloudと同期できなくなる問題を修正
  • 日本語キーボードでの入力中にVoiceOverで変更を認識できないことがある問題を修正

セキュリティアップデート

iOS16.2では、WebKitやカーネル等で33個のセキュリティパッチが提供されています。

参考:iOS16.2、iPadOS16.2のセキュリティ内容について

次のバージョンのiOS16.3は、ベータ1が先週リリースされました。

iOS16.3は来年2023年にすべてのユーザーへリリースされる予定です。

関連:iOS16.2の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事