Appleセルフサービス修理プログラムにMacデスクトップとStudio Display追加!

投稿日:

by saki

Apple

Appleは、「Self Service Repair Store(セルフサービス修理プログラム)」で対応機種を拡大。

MacデスクトップとStudio Displayが追加され、ユーザーは部品をオンラインで購入できるようになったとのことです。

Appleセルフサービス修理プログラムにMacデスクトップとStudio Display追加

iPhone in Canadaによると、Appleはセルフサービス修理プログラムの対象機種を拡大。

今回追加されたのは、M1チップ搭載iMac、2020年発売のM1チップ搭載Mac mini、今年3月に発売されたMac StudioとStudio Displayです。

修理マニュアルには、すでに「Macデスクトップ」と「ディスプレイとアクセサリー」のカテゴリが公開され、「Self Service Repair Store」では、ユーザーは部品をオンラインで購入できます。

セルフサービス修理プログラムは4月に米国で開始され、iPhone12シリーズとiPhone 13シリーズのみをサポートしていましたが、8月以降M1チップやM2チップなどのAppleシリコンを搭載したMacBookが追加されました。

今月から、セルフサービス修理プログラムの対象国にヨーロッパの8カ国が追加されました。

MacデスクトップとStudio Displayの交換部品と修理ツールは、現在は米国でのみ入手可能です。

日本でセルフサービス修理プログラムが開始されるのか、時期などは不明です。

メールやSNSで年賀状を送りたい時に使えるアプリ5選

参考:iPhone in Canada 関連記事:Apple

関連記事