Apple iPhone15以降インドで3倍のiPhoneの生産を計画!サプライチェーンレポート

投稿日:

by kenji

Apple

先月Appleは、Foxconnの鄭州にある世界最大のiPhone組立工場で新型コロナ(COVID-19)が発生し、iPhone14 ProとiPhone14 ProMaxの出荷について警告を発表するなど、中国でのiPhoneの生産が何度も混乱しました。

Appleは、インドでのiPhoneの生産能力を増強することを計画しているとのことです。

AppleがiPhone15以降インドで3倍のiPhoneの生産を計画

iMoreによると、インドの地元メディアMintは、AppleのインドでのiPhoneの生産能力を増強する計画についてレポート。

Mintは、開発に詳しい3人の関係者からの情報として、今後2年間で、インドで組み立てられるiPhoneの生産量を3倍にする可能性が高く、Appleが最大のサプライヤーである Foxconn、Pegatron、Wistronの3 社に、インドでの生産能力と人員を増やすよう指示したことを伝えています。

MacRumorsによると、Foxconnはインドの子会社に5億ドルを投資し、インドでの事業能力を拡大することを発表、AppleとサプライヤーはiPhone14を含むいくつかのiPhoneモデルをインドですでに生産しており、 iPadを含む他の製品に生産を拡大する計画が報告されているとのことです。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:iMoreMacRumors 写真:Apple

関連記事