Mac用Google Chromeアプリでメモリセーバーモードとエネルギーセーバーモード追加!

投稿日:

by kenji

Google

本日、Mac用Google Chromeアプリが更新され、デバイスのバッテリーとシステムメモリに合わせてChromeを最適化するために、2つの新しいパフォーマンス設定を導入しました。

Mac用Google Chromeアプリでメモリセーバーモードとエネルギーセーバーモードが追加

iPhone in Canadaによると、Googleは、Mac用Google Chromeアプリを更新し、メモリセーバーモードとエネルギーセーバーモードを追加。

メモリセーバーモードは、現在使用していないタブからメモリを解放することで、よりスムーズに動作するブラウザエクスペリエンスを提供する機能です。

エネルギーセーバーモードは、Macのバッテリー寿命を最大限に延ばすために、Chromeでウェブを閲覧していてデバイスのバッテリーレベルが20%に達すると、バックグラウンドアクティビティを制限し、アニメーションやビデオを含むウェブサイトの視覚効果を制限してバッテリーを節約する機能です。

設定は、Chromeの3ドットメニューから行います。

Googleによると、今後数週間かけて、Windows、macOS、ChromeOS向けにメモリセーバーモードとエネルギーセーバーモードの両方をグローバルに展開する予定とのことです。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:iPhone in Canada 写真:Google

関連記事