Apple iOS16.1とiOS16.1.1への署名を停止!iOS16.1.2からダウングレード不可に

投稿日:

by kenji

Apple

iOS16.1.2が先週すべてのユーザー向けにリリースされました。

AppleはiOS16.1.2のリリース後わずか1週間で、iOS16.1とiOS16.1.1への署名を停止しました。

iOS16.1とiOS16.1.1への署名停止

AppleはiOS16.1とiOS16.1.1に署名することをやめました。

Appleは、ユーザーにオペレーティングシステムを最新の状態に保つよう促すために、新バージョンのリリース後、古いバージョンのソフトウェアアップデートへの署名を定期的に停止しています。

AppleがiOS16.1とiOS16.1.1へ署名停止したため、iOS16.1.2へアップグレードしたiPhoneはiOS16.1とiOS16.1.1へのダウングレードができなくなりました。

iOS16.1.2からiOS16.1.1とiOS16.1.1へダウングレードできない影響

iOSをアップグレードした後にバグなどの影響でうまくiPhoneやiPadが作動しないときにiOSをダウングレードすることがあります。

iOS16.1.2で問題が発生した場合でも、iOS16.1とiOS16.1.1にダウングレードすることができなくなりました。

次のiOSのアップグレードまで不具合の修正を待たなくてはならないようです。

次のバージョンのiOS16.2は、本日開発者向けのRC版がリリースされました。

iOS16.2は来週すべてのユーザーへリリースされる予定です。

関連:iOS16.1.2の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事