Apple App Storeでアプリの価格帯を追加!最大1万ドルのサブスクリプションも可能に

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは本日、NEWSROOMで、開発者向けApp Storeのアプリ価格設定機能のアップグレードを発表。

アプリの価格設定では、最高1万ドルの高額なサブスクリプションも可能になったとのことです。

AppleがApp Storeで最大1万ドルの設定も可能なアプリ価格帯を追加

MacRumorsによると、AppleはNEWSROOMで、開発者に、App Storeでアプリを販売やサブスクリプションするときに選択できる追加の700のプライスポイントの提供開始を発表。

Appleによると、開発者は900の異なる価格帯から選択できるようになり、アプリは最低29セント、最高1万ドルまで価格設定が可能になったとのことです。

ただし、アプリの価格を1,000ドル以上にしたい開発者は、Appleにリクエストを送信する必要があります。

開発者は、App Store全体で通貨と税金をより簡単に管理できるように、174のストアフロントと44の通貨で価格を設定でき、開発者が好みのストアフロントを選択できるようになりました。

たとえばAppleによると、日本の顧客からほとんどのビジネスを得ている日本のゲーム開発者が、日本のストアフロントの価格を設定し、外国為替や税率の変化に合わせて国外の価格を更新できることを意味するとのことです。

新しい価格オプションは、サブスクリプションのアプリケーションで本日から利用でき、2023年春以降、他のすべてのアプリとアプリ内購入で利用できるようになります。

中古iPhoneの購入方法と知っておきたい8つの注意点

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事