UberとUber EatsアプリiPhoneでライブアクティビティ機能をサポート準備中!

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは6月のWWDC2022で、いくつかのアプリのライブアクティビティサポートをプレビューしましたが、iOS16.1では、サードパーティアプリでのライブアクティビティのサポートが導入されました。

現在、UberとUber Eatsアプリでライブアクティビティ機能をサポート準備中とのことで、話題になっています。

UberとUber EatsアプリiPhoneでライブアクティビティ機能をサポート準備中

MacRumorsによると、UberとUber Eatsアプリは11月に更新され、設定アプリのそれぞれのメニューにライブアクティビティのトグルが表示されるようになり、iPhoneでのライブアクティビティ機能のサポート準備中とのことです。

UberとUber Eatsアプリでは、ライブアクティビティ機能はまだ公開されていませんが、Uberは内部でテストを行っている可能性があります。

ライブアクティビティを使用すると、Uberの乗車状況やUber Eatsの配達状況をロック画面またはダイナミックアイランドで簡単に追跡できるようになります。

UberとUber Eatsアプリでライブアクティビティのサポート機能がリリースされる時期は不明ですが、MacRumorsは準備は明らかに進行中だと伝えています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事