Epic Gamesの無料の3Dスキャンアプリ「RealityScan」がiPhoneとiPadで利用可能に!

投稿日:

by kenji

Apple

今年2022年初め、Epic Gamesは「RealityScan」と呼ばれる新しい3Dスキャンアプリを発表しましたが、数か月にわたるベータテストを経て、iOS版App Storeですべてのユーザー向けにリリースされました。

Epic Gamesの無料の3Dスキャンアプリ「RealityScan」がiPhoneとiPad向けに正式リリース

9to5Macによると、Epic Gamesは、無料の3Dスキャンアプリ「RealityScan」をiPhoneとiPad向けに正式リリース。

「RealityScan」は、2021年にEpic Gamesが買収した写真測量ソリューションを専門とするCapturing Reality社の技術を使用して構築されました。

「RealityScan」を使用すると、いくつかの簡単な手順に従うだけで、誰でもわずか数分で3Dモデルを作成でき、ユーザーはiPhoneやiPadでオブジェクトを撮影するだけで、後はアプリがクラウド処理によって画像を3Dモデルに変換してくれるとのことです。

「RealityScan」で作成した3Dオブジェクトは、エクスポートしてSketchfabにアップロードでき、拡張現実オブジェクトに変換したり、Unreal Engineを使用してゲームに追加したりするなど、さまざまな目的に使用できます。

RealityScan」は無料でApp Storeから入手可能です。

「IPX7」のIPXって何?防水規格について詳しく解説するぞ

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事