Apple AR/VRヘッドセットのオペレーティングシステムを「xrOS」に変更!複数国で商標登録申請

投稿日:

by kenji

Appleは拡張現実(AR)および仮想現実(VR)ヘッドセットの発売を2023年に計画していると噂されていますが、AppleがAR/VRヘッドセットのオペレーティングシステムの名称を変更するとレポートされ、話題になっています。

AppleがAR/VRヘッドセットのオペレーティングシステムを「xrOS」に変更

MacRumorsによると、ブルームバーグは、Appleが、新しく発表されるAR/VRヘッドセットで動作するオペレーティングシステムを「xrOS」と呼ぶことを決定したとレポート。

今まで、iOSの参照コードなどからAR/VRヘッドセットのオペレーティングシステムは「realityOS」と噂されており、また、Appleは内部的に「rOS」と呼んでいたとのことで、「xrOS」へ名称を変更したことになります。

Appleはペーパーカンパニーを利用して、まだ発売されていない今後の新製品の商標を登録することが多いのですが、ブルームバーグは、匿名のAppleの情報源から名称変更を確認するだけでなく、Deep Dive LLCというペーパーカンパニーが複数国で「xrOS」の名前を登録しており、Appleがこれらの申請の背後にいる可能性があることも発見したとのことです。

MacRumorsは、AR/VRヘッドセットがいつ導入されるかについて、開発者にデバイス用のアプリを作成する時間を与えるために、WWDCかその前の、今年の上半期に発表されると予想しています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:MacRumors

関連記事