Apple Oceanic+アプリがApple Watch Ultraで利用可能になったことを発表!

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、NEWSROOMで、Oceanic+アプリがApple Watch Ultraで利用可能になったことを発表しました。

AppleがOceanic+アプリがApple Watch Ultraで利用可能になったことを発表

MacRumorsによると、AppleはNEWSROOMで、Oceanic+アプリがApple Watch Ultraで利用可能になったことを発表。

Oceanic+アプリは、Huish OutdoorsがAppleと共同で開発したもので、最大40メートルの水深でのレクリエーションスキューバダイビング用のダイブコンピューターとして機能します。

Appleはすでに、現在の深度、到達した最大深度、水温、水中での時間を表示する基本的な水深(Depth)アプリをApple Watch Ultraに提供しています。

Oceanic+アプリは、ダイバーに現在の深度、潜水時間、無減圧時間、水温、水面までの時間、最大深度、浮上速度、バッテリー残量、選択されたガス混合 (空気または最大40%のナイトロックス混合) などを表示し、無減圧限界、過度の上昇率、安全停止ガイダンスに関する色分けされた安全警告もあります。

Oceanic+アプリは、 iOS16.1以降を実行するiPhone 8以降とペアリングされたwatchOS9.1以降を実行するApple Watch Ultraが必要で、基本プランは無料で、深さ、時間、最近のダイビングのログなど、多くの一般的なダイビング機能が含まれています。

Apple Watchでビデオ通話ができるバンドがコチラ!カメラ内蔵で8GBのストレージ

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事