Apple折りたたみ式iPhoneやiPad開発中!自己修復機能を搭載したディスプレイの特許申請

投稿日:

by kenji

USPTO

Appleは折りたたみ式iPhoneやiPadを開発中であると噂されていますが、Appleが折りたたみ式デバイスのディスプレイに関する特許を申請したことが判明し、話題になっています。

Apple折りたたみ式iPhoneやiPad開発中!自己修復機能を搭載したディスプレイの特許申請

PatentlyAppleによると、先週2022年11月24日(日本時間11月25日)、米国特許商標庁(USPTO)は、「柔軟なディスプレイ カバー層を備えた電子デバイス」というタイトルの、Appleが申請した特許を公開しました。

USPTO

Appleの申請した特許で想定するのは、電子デバイスが曲げ軸を中心にデバイスを曲げることができるヒンジを有することがあり、ディスプレイの表示は、曲げ軸にまたがることがある場合で、噂の開発中の折りたたみ式iPhoneやiPadなどをイメージさせます。

損傷なく曲げ軸を中心に曲げることを容易にするために、ディスプレイは、柔軟な部分を有するディスプレイカバー層を含み、自己修復特性を有する層を含むこともあり、自己修復材料の層は、ディスプレイカバー層全体か、ディスプレイカバー層の柔軟な領域のみに形成されるとのことです。

自己修復機能は、外部から加えられた熱、光、電流、またはその他の種類の外部刺激によって開始または促進される場合があるとのことです。

以前、Counterpoint ResearchのシニアアナリストのJene Park氏は、2024年か2025年に折りたたみ式iPhoneがリリースされると予想していると述べています

また、Samsungは内部の会議で、Appleが2024年に折りたたみ式デバイス分野に参加することを期待しており、最初はスマートフォンではなくノートブックとタブレットだろうと伝え、折りたたみ式MacBookとiPadを予想しているとのことです。

Apple Watchでビデオ通話ができるバンドがコチラ!カメラ内蔵で8GBのストレージ

参考:PatentlyApple 写真: USPTO

関連記事