iPhone14 Plusの需要は引続き鈍化!ディスプレイパネルの出荷はゼロに近い

投稿日:

by kenji

Apple

iPhone14 Plusは販売開始直後から、Appleがサプライヤーへの注文を大幅に削減したとレポートがありましたが、現在、iPhone14 Plusの需要は引続き鈍化しているとレポートされ、話題になっています。

iPhone14 Plusの需要が鈍化しディスプレイパネルの出荷はゼロ近くに

9to5Macによると、Display Supply Chain Consultants (DSCC) のアナリスト、ロス・ヤング氏はTwitterで、AppleのiPhone14シリーズのディスプレイパネルの購入状況をレポート。

ヤング氏によると、Appleの2022年のiPhone14シリーズのパネル購入は、スマートフォン市場が9%減少したにもかかわらず、2021年のiPhone13シリーズの調達と比較して10%増加したとのことです。

ヤング氏は、iPhone13シリーズでの販売割合がiPhone13 ProとiPhone13 ProMaxが51%だったのに対して、iPhone14 ProとiPhone14 ProMaxは64%を占めており、iPhone14シリーズの平均販売価格(ASP)は10%上昇したと伝えています。

ヤング氏によると、iPhone14 Plusのディスプレイパネルの出荷は、iPhone14 Plusの需要が引き続き鈍化し、需要が失速するため、12月にはゼロに近づくと予想されるとのことです。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事