iPhone14 Proモデルの出荷がさらに遅延!新型コロナ発生の中国iPhone工場で10万人の労働者不足

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは以前、Foxconnの鄭州にある世界最大のiPhone組立工場で新型コロナ(COVID-19)が発生し、iPhone14 ProとProMaxの出荷について警告を発表しました。

現在、Appleオンラインストアでは、iPhone14 Proモデルの出荷がさらに遅延しているとのことです。

新型コロナ発生の中国iPhone工場が10万人の労働者不足でiPhone14 Proモデルの出荷がさらに遅延

iMoreによると、中国のSCMPは、国営雑誌China Newsweekが、AppleのサプライヤーFoxconn Technology Groupが運営する鄭州の世界最大のiPhone工場が、フル生産能力を回復するために10万人の労働者を必要としていると報じているとレポート。

鄭州のFoxconnのiPhone工場は、iPhone14やiPhone14 Proモデルを含むiPhoneを組み立てており、通常、約30万人の労働者が働いています。

SCMPによると、新型コロナ(COVID-19)により閉鎖されてから、工場から労働者の大規模な流出があったとのことで、何万人もの労働者が工場を徒歩で脱出しているとのことです。

Appleが出荷遅延についての警告を出したときは、日本ではAppleオンラインストアでiPhone14 ProとProMaxの出荷予定日は3~4週間と表示されていましたが、現在は5~6週間と表示されています。

iMoreによると、iPhone14 ProとProMaxの出荷予定日の遅延は米国でも発生しており、今注文してもクリスマスには間に合わないと伝えています。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:iMoreiMore 写真:Apple

関連記事