AirPods Proはプレミアム補聴器とほぼ同じ性能を発揮!最新の研究で判明

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、アクセシビリティへの取り組みの一環として、AirPodsの中期的な目標として補聴器機能を強化していると噂されています。

最新の研究の調査結果が発表され、AirPods Proがプレミアム補聴器とほぼ同じ性能を発揮できることが判明し、話題になっています。

AirPods Proはプレミアム補聴器とほぼ同じ性能を発揮

Apple Insider Newsによると、iScienceは、AirPods Proが個人用音響増幅製品 (PSAP)として、補聴器の代替製品になるか調査した研究結果を掲載。

iScienceによると、AirPods Proは食品医薬品局の補聴器の基準を完全には満たしていませんでしたが、補聴器の5つの基準(ANSI/CTA-2051電気音響規格)のうち4つを満たしていることが判明。

iScienceに掲載された研究では、AirPods Proのライブリスニング機能と会話ブースト機能により、軽度から中等度の難聴の補聴器として機能する可能性があると結論付けています。

AirPods Proは、米国で1000ドルするプレミアム補聴器の代替品になる可能性があると期待されていますが、常時Bluetooth接続をしているため、バッテリー寿命が短いという制限があるとのことです。

中古iPhoneの購入方法と知っておきたい8つの注意点

参考:Apple Insider News 写真:Apple

関連記事