ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイがAppleチップのサプライヤーTSMCに41億ドル投資

投稿日:

by kenji

Apple

バークシャー・ハサウェイは、アップルの大手サプライヤーでチップメーカーの台湾積体電路製造有限公司 (TSMC) に41億ドル以上の株式投資したとのことです。

バークシャー・ハサウェイがAppleチップのサプライヤーTSMCに41億ドル投資

9to5Macによると、ロイター通信は、ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイがAppleシリコンチップのサプライヤーTSMCに41億ドル投資したことが、規制当局への提出書類により判明したことをレポート。

このニュースにより、TSMCの株価は急騰し、火曜日に台湾で7.9%上昇しました。

この決定がバフェット自身によってなされたのか、それともバフェットの2人のポートフォリオマネージャーのうちの1人によってなされたのかは不明ですが、より大きな投資は通常バフェットの決定とのことです。

Apple、Qulacomm、Nvidiaなどのチップを製造するTSMCは、先月、四半期利益で80%の増加を記録しましたが、今後の需要については通常よりも慎重な姿勢を示しています。

Appleは、バークシャー・ハサウェイの3,062億ドルの株式ポートフォリオの中で群を抜いて最大の投資先とのことです。

9to5Macによると、iPhone6Sまで、Aシリーズチップの製造をTSMCとSamsungが行っていましたが、iPhone7のA10チップ以降、TSMCがすべてのAシリーズチップの製造を行っているとのことです。

「IPX7」のIPXって何?防水規格について詳しく解説するぞ

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事