Twitter認証済みアカウントの表示方法変更!グレーのチェックマークと「Official」と表記

投稿日:

by kenji

Esther Crawford/Twitter

3日前、Twitter for iOSアプリが更新され、新しい「Twitter Blue」 サブスクリプションサービスについてアナウンスされましたが、認証済みアカウントの表示方法を変更するとのことです。

Twitter認証済みアカウントをグレーのチェックマークと「Official」の表示に変更

Twitterは、新しい「Twitter Blue」 サブスクリプションサービスでは、月額約8ドルのサブスクリプションで、すべてのユーザーが青いチェックマークの認証バッジを取得できるとしていました。

本日、Twitter Blueサブスクリプションサービス刷新担当のEsther Crawford氏は、青いチェックマークが付いたサブスクライバーと、公式として確認されたアカウントの区別方法についてツイート。

Crawford氏によると、新しいTwitter BlueにはID検証は含まれておらず、オプトインの有料サブスクリプションで、青いチェックマークと一部の機能へのアクセスが提供されるとのことです。

Crawford氏は、今後Twitterの認証済みアカウントは、アカウント名とアカウントハンドルの下に、灰色のチェックマークと「Official」が表記されるようになることを、イメージ画像で伝えました。

Crawford氏は、以前に確認されたすべてのアカウントが「Official」ラベルを取得するわけではなく、ラベルを購入することはできず、それを受け取るアカウントには、政府のアカウント、営利企業、主要なメディア、出版社、一部の著名人などが含まれると伝えています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:9to5Mac 写真:Esther Crawford/Twitter

関連記事