AppleインドでのiPhone14製造拡大!2社目としてPegatronが開始

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは地政学的リスクの影響を小さくするため、現在中国で製造されているiPhone、MacBookなどのデバイスの製造の一部を、他のアジアの国へ移管する計画があると、以前レポートされました。

Pegatronがインドで、Apple向けのiPhone14の製造を開始したとレポートされ、話題になっています。

AppleインドでのiPhone14製造拡大

9to5Macによると、ブルームバーグは、台湾を拠点とするPegatronが、AppleのiPhone14の組み立てを開始したことをレポート。

Foxconnが9月にiPhone14の製造を開始したことに続き、PegatronがAppleの最新スマートフォンの製造をインドで開始する2 番目のベンダーになりました。

Appleはインドでは、リリース後1年以上たったiPhoneを製造していましたが、FoxconnがiPhone14の製造をリリースと同じ9月から開始し話題になっていました。

それからわずか1か月後、AppleはPegatronにインドでiPhone14の組み立てを依頼、Appleは中国を拠点とする事業への依存を減らすための作業を強化しています。

Appleの著名なアナリストのミンチー・クオ氏はTwitterで、Foxconnは、鄭州iPhone工場のCOVID-19ロックダウンの後、インドでのiPhone生産能力の拡大を加速させるだろうと伝えています。

「IPX7」のIPXって何?防水規格について詳しく解説するぞ

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事