Appleアプリのサイドローディングなど強制される可能性!EUの法律により

投稿日:

by kenji

新しいEUの法律が施行され、Appleがユーザーにサードパーティのアプリストアへのアクセスを許可したり、iPhoneやiPadでのアプリのサイドローディングを許可することを強制される可能性があることが判明しました。

AppleはEUの法律によりアプリのサイドローディングなど強制される可能性

MacRumorsによると、EUは新しい法律デジタル市場法 (DMA)を施行。

デジタル市場法では、さまざまなサービスやプラットフォームを他の企業や開発者に開放することを強制するハイテク大手を「ゲートキーパー」とし、Apple が「ゲートキーパー」に分類されることはほぼ確実視されています。

「ゲートキーパー」に分類されると、Appleは、サードパーティのアプリストアからアプリをサイドロードできるようにすること、開発者がApp Store外で宣伝したり、サードパーティの支払いシステムを使用することを認めることを強制される可能性があります。

また、メッセージアプリ、音声通話、およびビデオ通話サービスを、他社のサービスと相互運用することを強制される可能性があるとのことです。

デジタル市場法は、現在、6 か月間の実施段階に移行し、2023年5月2日に適用が開始され、2か月以内、遅くとも2023年7月3日までに、Appleは委員会に通知する必要があり、その後委員会で、ゲートキーパーに指定するか審査されるとのことです。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:MacRumors

関連記事