Twitterを装った偽のアカウント確認フィッシングメール現れる!米メディアが注意喚起

投稿日:

by kenji

Apple

Twitterを装った偽のアカウント確認フィッシングメールが現れたとのことで、米メディアが注意喚起しています。

Twitterを装った偽のアカウント確認フィッシングメール現れる

イーロン・マスク氏は、Twitterのサブスクリプションサービス「Twitter Blue」の月額費用を、4.99ドルから19.99ドル(日本円に換算すると3000円)に引き上げることを検討し、認証バッジを付与されているユーザーがバッジを維持するために、今後Twitter Blueへの加入が必須になると報道されました。

Apple Insider Newsによると、セキュリティレポーターのZach Whittaker氏はTwitterで、Twitterを装った偽のアカウント確認フィッシングメールが現れたことをレポート。

Whittaker氏は、「Twitterの進行中の検証の混乱は、現在、サイバーセキュリティの問題です。一部の人々は、人々をだましてTwitterの資格情報を引き渡しさせる下品なフィッシングメールを受け取っているよう」だと伝えています。

フィッシングメールには、タイプミスや公式Web サイトと一致しないメール内容が含まれることがあり、Twitterを装ったフィッシング詐欺師が送信した電子メールアドレスは、「twittercontactcenter@gmail.com 」 を使用していたとのことです。

Apple Insider Newsは、フィッシング攻撃から身を守るために、メール内のリンクをクリックしないように注意喚起しています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:Apple Insider News 写真:Apple

関連記事