iPhoneのFoxconn工場で新型コロナが発生し従業員多数脱出!来月30%生産減少する可能性

投稿日:

by kenji

Stephen McDonell/Twitter

Foxconnの鄭州にある世界最大のiPhone組立工場で新型コロナ(COVID-19)が発生。

iPhoneの生産を続けるために、クローズドループ生産を実施していますが、従業員が脱出する動画がSNSに投稿され、話題になっています。

iPhoneのFoxconn工場で新型コロナが発生し来月30%生産減少する可能性

中国は、ロックダウン中に従業員が外出せず工場内に住み込みで働く、クローズドループ生産を許可しています。

9to5Macによると、先週Foxconnは、鄭州にある世界最大のiPhone組立工場で新型コロナ(COVID-19)が発生したことを確認。

従業員が脱出する動画がSNSに投稿され、BBC特派員のStephen McDonell氏はTwitterで動画を共有。

ウイルスの症例が何件確認されたかは明らかではありませんが、従業員は職場でのロックダウンを余儀なくされ不安を引き起こし、一部の従業員は工場の外へフェンスを飛び越えて逃げているとのことです。

MacRumorsによると、ロイターは、Foxconnの鄭州工場での新型コロナ(COVID-19)発生により、iPhoneの生産が30%落ち込む可能性があると、関係者からの情報として伝えているとのことです。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ


関連記事