Apple開発者からの苦情によりApp Storeでのギャンブルアプリの広告表示を一時的に停止!

投稿日:

by kenji

Apple

Appleが広告収入を増やすため、米国時間10月25日からApp Storeで追加の広告配信が開始されました。

配信された広告は、ギャンブルアプリが多く、著名な開発者が不満を表明していましたが、Appleは App Storeアプリでのギャンブル広告を一時停止したとのことです。

Appleが開発者からの苦情によりApp Storeでのギャンブルアプリの広告表示を一時的に停止

MacRumorsによると、昨日からApp Storeで始まった追加の広告配信に対し、著名な開発者がギャンブルアプリが多いことに不満を表明。

Marco Arment氏、Simon Støvring氏など、数人の著名な開発者が、ギャンブルアプリの不快な広告がApp Storeの自分たちの管理外のリストに表示されることに不満を漏らし、MacStoriesの編集長Federico Viticci氏が共有したツイートでも伝えられました。

Appleは広告主に自社のアプリのカテゴリとは異なるアプリのカテゴリに広告を表示する選択肢を提供し、ポッドキャストアプリOvercastのような無関係なアプリのリストにギャンブルアプリの広告を表示できるようにしました。

MacRumorsによると、App Store全体にギャンブル広告が存在することは、Appleが貪欲であり、前CEOのSteve Jobs氏の下でAppleが支持したポリシーから離れていると非難するなど、いくつかの批判を引き起こしているとのことです。

AppleMacRumorsに共有された声明の中で、App Storeアプリでのギャンブルアプリの広告を一時停止したことを伝えたとのことです。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事