macOS13とiOS16で導入されたiPhoneの連係カメラ機能を説明!Appleサポートドキュメント

投稿日:

by kenji

Apple

Apple は、macOS Ventura (macOS13)iOS16で導入された新機能のiPhoneの連係カメラ機能について、サポートドキュメントで詳しく説明し、機能の詳細、手順、ヒントを提供しました。

AppleサポートドキュメントでmacOS13とiOS16で導入されたiPhoneの連係カメラ機能を説明

MacRumorsによると、Appleは、macOS13iOS16で導入されたiPhoneの連係カメラ機能についてのサポートドキュメントを公開。

macOS13iOS16で導入されたiPhoneの連係カメラ機能は、iPhoneをMacのウェブカメラとして使用できる機能です。

iPhoneの連係カメラ機能を使用すると、ユーザーはMacの内蔵カメラよりも優れた品質のiPhoneのカメラから直接ビデオを取得でき、iPhoneのワイドカメラを使用してCenter Stageを有効にすることも可能です。

サポートドキュメントによると、ユーザーがiPhoneの連係カメラを使用するには、iOS16以降を実行する iPhoneと、macOS13を搭載したMacが必要で、2要素認証が有効になっている両方のデバイスで同じApple IDにサインインする必要があり、BluetoothまたはWi-Fiを有効にする必要があるとのことです。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:MacRumors 写真: Apple

関連記事