Linkedinに登録していたApple社員の半分はボット?偽のアカウントを削除したら半減

投稿日:

by kenji

Linkedin

Linkedinは、偽のアカウントがないようにプラットフォームを維持するためにボットを削除したところ、登録していたApple社員の数が半減したとのことで、話題になっています。

Linkedinに登録していたApple社員の半分はボット?

Apple Insider Newsによると、Krebs on Securityは、Linkedinに登録されているAppleの社員数が一日で半減したことをレポート。

Krebs on Securityによると、開発者のJay Pinho氏は、10月10日午前11時の時点で、Linkedinに登録しているAppleの社員数が57万人余りだったのが、10月10日午後11時時点で28万人余りに激減したことを発見。

Amazonも同様に、10月10日午前11時の時点で、Linkedinに登録している社員数が125万人弱だったのが、10月10日午後11時時点で83万人余りに激減していました。

Linkedinでは、所属していない組織に属していると主張する偽のアカウントによる詐欺行為が増加しており、ボットによる偽のアカウントを削除しているとのことです。

現在Linkedinに登録しているAppleの社員は279,735人で、Appleは多様性イニシアチブを説明しているAppleのWebサイトで、165,000人を超える有能な従業員がいると伝えています。

「IPX7」のIPXって何?防水規格について詳しく解説するぞ

参考:Apple Insider News 写真:Linkedin

関連記事