Apple macOS13開発者向けとパブリックRC2リリース!正式版は10月25日から利用可能に

投稿日:

by kenji

Apple

macOS13RC版が2日前にのリリースされたばかりですが、AppleはmacOS13RC2を、開発者とパブリックソフトウェアテストプログラムのメンバーにリリースしました。

Apple macOS13RC2リリース

macOS13開発者向けRC2のリリースノートには「アプリを更新して新機能を使用し、APIの変更に対してアプリをテストします」とあり、多くの新機能の追加とバグ修正が含まれています。

macOS13RC2で、AppleはおそらくmacOS13の公式リリース前の最終調整を行っている可能性があります。

また、Appleから注意書きがあり「Apple Studio Displayのファームウェアアップデートをインストールする前に、macOS13 Venturaベータ6以降にアップデートしてください」とあります。

Apple

WWDC2022ではmacOS13の新機能について発表がありました。

macOS13では、Mac、iPhone、iPad間の連携機能を強化するコラボレーション機能や、iPhoneのカメラをMacのWebカメラとして使用したり、iPhoneとMac間で簡単に通話を転送したりできる機能が追加され、時計や天気などの新しい組み込みアプリが搭載されます。

macOS13で利用できるコラボレーション機能は、以下の通りです。

  • メッセージ:コラボレーションの招待状を送信できるため、スレッドの全員がドキュメントスプレッドシートまたはプロジェクトに自動的に追加可能に。ユーザーは編集内容をリアルタイムで確認でき、開発者はアプリのコラボレーションエクスペリエンスをメッセージとFaceTimeで統合可能に。
  • iCloud共有フォトライブラリ:フォトライブラリを家族と共有し、写真を追加、編集、お気に入りに追加、キャプション、削除するための同等の権限を全員に与えることが可能に
  • 共有タブグループ:一連のタブを友達と共有でき、誰もが自分のタブを追加して、一緒に作業しているときにタブグループがすぐに更新されるのを確認可能に
  • アプリ:時計と天気アプリ搭載

macOS13でお伝えした新機能は、以下の通りです。

macOS13では、廃止された機能もありました。

macOS13にアップデートできるMac

macOS13でサポートされているMacは、以下の通りです。

  • iMac 2017年モデル以降
  • iMac Pro 2017年モデル以降
  • MacBook Air 2018年モデル以降
  • MacBook Pro 2017年モデル以降
  • Mac Pro 2019年モデル以降
  • Mac mini 2018年モデル以降
  • MacBook 2017年モデル以降

Appleはウェブサイトで、macOS13の正式リリースが10月25日であることを確認しました。

すべてのユーザーは正式版を10月25日からダウンロードして利用可能になります。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事