Apple iPadOS16.1RC版リリース!正式版は10月25日から利用可能に

投稿日:

by kenji

Apple

iPadOS16.1ベータ5のリリースから約1週間、AppleはiPadOS16.1RC版を、開発者とパブリックソフトウェアテストプログラムのメンバーにリリースしました。

AppleがiPadOS16.1RC版リリース

iPadOS16.1開発者向けRC版のリリースノートには「アプリを更新して新機能を使用し、APIの変更に対してアプリをテストします」とあり、多くの新機能の追加とバグ修正が含まれています。

Apple

WWDC2022では、重なり合うアプリを切り替えるStageManager外部ディスプレイにつないでデバイス間でのファイルのドラッグ&ドロップ機能、iPadに搭載される天気アプリなどが紹介されました。

iPadOS16.1ベータ3から、StageManagerが機能として利用可能になりました。

iPadOS16.1について今までお伝えしてきたことは、以下の通りです。

iPadOS16では、M1チップを搭載したiPadでないと利用できない機能があることが判明しています。

iPadOS16 M1チップ搭載iPadだけの新機能判明!StageManagerなど

iPadOS16.1にアップデートできるiPad

iPadOS16でサポートされるiPadは、以下の通りです。

  • iPad Pro(全モデル)
  • iPad Air(第3世代以降)
  • iPad(第5世代以降)
  • iPad mini(第5世代以降)

例年iPadOSはiOSと同時期にリリースされることが多いのですが、Appleが新しいStage Managerマルチタスク機能の改善に取り組んでいるため、iPadOS16は1か月遅い10月にリリースされることを確認しました。

Apple iPadOS16リリースを10月に延期!iOS16は9月にリリース予定

Appleは、iPadOS16のリリース日が10月25日であることをウェブサイトで確認しており、すべてのユーザーはiPadOS16.1を10月25日からダウンロード可能になります。

Apple M2チップ搭載11インチと12.9インチiPad Pro発表!ホバー機能搭載

Apple 10.9インチiPad10発表!4色のカラーオプションでUSB-Cポート搭載

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事