macOS13動的な壁紙とスクリーンセーバーを追加!リリース日が近づく

投稿日:

by kenji

Apple

macOS12がリリースされてからあと20日で1年になります。

今週リリースされたmacOS13開発者向けベータ10とパブリックベータ8では、新しい動的な壁紙とスクリーンセーバーが追加され、リリース準備が整ったのではないかと話題になっています。

macOS13動的な壁紙とスクリーンセーバーを追加

9to5Macによると、最新のmacOS13ベータ版で、新しい動的な壁紙とスクリーンセーバーが追加されたとのことです。

ライトモードとダークモードのオプションはmacOS13.0ベータ1から利用できましたが、macOS13の動的な壁紙は、時間帯によって視覚的に変化し、ライトモードとダークモードの両方で適用されるとのことです。

9to5Mac

macOS13の壁紙は、使用している表示モードによって異なり、ライトモードでは、水色の背景に黄色がかった花が含まれ、ダークモードでは、花の背後にある暗い背景を持つ、よりオレンジ色のバージョンを表示します。

また、macOS13に独自のデフォルトのスクリーンセーバーが含まれるようになりました。

9to5MacのシニアエディタのZac Hall氏は、動的な壁紙のイメージ動画をTwitterで、共有しています。

AppleはmacOS13のリリース日を公表していませんが、M2 ProチップとM2 Maxチップを搭載した新型MacBook Proとともに今月後半にリリースされると予想されています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事