バグ?iOS16.1ベータ3第1世代AirPods Proで表示される適応型環境音除去機能

投稿日:

by kenji

Apple

iOS16.1ベータ3で、第1世代AirPods ProにもAirPods Pro2同様、iPhoneで適応型環境音除去機能のオプションが表示されるようになりましたが、バグだと指摘され、話題になっています。

iOS16.1ベータ3第1世代AirPods Proで適応型環境音除去機能オプション表示はバグ

MacRumorsによると、Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏は、iOS16.1ベータ3で第1世代のAirPods Proで適応型環境音除去機能オプションが表示されるのはバグだと指摘。

ガーマン氏によると、AirPods Pro2の適応型環境音除去機能は、第1世代AirPods ProやAirPods Maxには搭載されておらず、明らかなバグだとのことです。

Appleによると、適応型環境音除去機能はAirPods Pro2で搭載された新機能で、H2チップにより、内蔵マイクを使用して、ユーザーがイヤホンを外さずに周囲の音を聞くことができる外部音取り込みモードのときに、通過する車のサイレン、工事の音、コンサートでの大音量スピーカーなどの大きな周囲のノイズをオンデバイス処理で抑えることができる機能です。

MacRumorsは、Appleが適応型環境音除去機能のような新機能を古いデバイスに導入することはあまりないため、iOS16.1ベータ3で第1世代AirPods Proに誤って表示されたのだろうと伝えています。

iPhone14 ProとProMaxの中古売買価格高騰!Appleオンラインストアで出荷予定日は4週間待ち

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事