watchOS9.1パブリックベータ2リリース!目的はバグ修正?

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは昨日、watchOS9.1ベータ2を開発者向けにリリースしましたが、本日パブリックソフトウェアテストプログラムのメンバーにパブリックベータ2がリリースされました。

watchOS9.1パブリックベータ2入手方法

watchOS9.1のパブリックベータ2は開発者向けベータ2と本質的に同じものになります。

入手方法は、「Apple Beta Software Program」のウェブサイトからダウンロードします。

Apple Beta Software Program

watchOS9で搭載された新機能は、以下の通りです。

watchOS9には、Apple WatchでVOIP通話に応答できるようにするCallKit API、Apple WatchをiPhoneで制御するためのApple Watchミラーリング、クイックアクションの改善、リマインダーとカレンダーアプリの更新が含まれています。

iOS16.1ベータ1とベータ2では新機能は発見されておらず、メインの目的はバグ修正の可能性があります。

パブリックベータ版のテストへの参加はAppleデバイスのすべてのユーザーが可能ですが、未完成のソフトウェアであり、バグなどによりデバイスが機能しなくなる可能性があります。

パブリックベータ版をインストールする前にファイルのバックアップを取ることをおすすめします。

【Amazonの裏技】検索で「アレ」を追加すると、信頼度が一気に上がる

参考:9to5Mac 写真: Apple

関連記事