Apple iOS15.6.1への署名を停止!iOS16からiOS15.7へダウングレードは可能

投稿日:

by kenji

Apple

iOS15.7とiOS16が先週すべてのユーザー向けににリリースされました。

AppleはiOS15.7とiOS16のリリース後わずか1週間で、iOS15.6.1の署名を停止しました。

iOS15.6.1への署名停止

AppleはiOS15.6.1に署名することをやめました。

AppleがiOS15.6.1へ署名停止したため、iOS15.7へアップグレードしたiPhoneはiOS15.6.1へのダウングレードができなくなりました。

iOS15.7からiOS15.6.1へダウングレードできない影響

iOSをアップグレードした後にバグなどの影響でうまくiPhoneやiPadが作動しないときにiOSをダウングレードすることがあります。

iOS15.7で問題が発生した場合でも、iOS15.6.1にダウングレードすることができなくなりました。

現在、iOS16がリリースされているため、iOS15.7で問題が発生した場合に、iOS16へアップグレードして不具合などの問題が解決されるか確認することが可能です。

iOS16からiOS15.7へダウングレードが可能

iOS15.6.1に戻すことはできませんが、iOS16から最新バージョンのiOS15.7にダウングレードすることが可能です。

iPhoneをダウングレードする場合は、MacまたはPCを使用して行う必要があります。

iOS16の代替オプションとしてiOS15.7がいつまで利用可能であるかは不明です。

関連:iOS16の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

関連:iOS15.7の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事