Apple Watch ProのCADレンダリングがリーク!1.99インチの大型ディスプレイ

投稿日:

by kenji

91mobiles

Appleは2022年秋以降に3種類のApple Watchを発売すると予想されています。

Appleは新しいエクストリームスポーツ向けのApple Watch Proを初めて発売するのではないかと噂されていますが、CADレンダリングがリークされ、話題になっています。

Apple Watch Proの1.99インチの大型ディスプレイのCADレンダリングがリーク

9to5Macによると、91mobilesは、Apple Watch ProのCADレンダリングをリーク。

91mobilesによると、Apple Watch ProのCADレンダリングは、業界関係者からの情報提供によるものだとのことで、Appleのサプライチェーンサイドからの情報です。

Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏によって、この画像が、Apple Watch ProのCADレンダリングであることが裏付けられました。

91mobilesによると、Apple Watch Proには、フレームの左側にボタンとスピーカー穴があるようだとのことですが、この追加されたボタンの目的は現時点では不明とのことです。

Apple Watch Proは47mmのケーシングと1.99インチの画面を搭載しており、Apple Watch史上最大の大きさになると噂されています。

ガーマン氏によると、Apple Watch Proは、ディスプレイが著しく大きくなるため、ユーザーは再設計されたウォッチフェイスで、より多くのフィットネスや健康追跡統計を同時に表示することが可能で、より大きなバッテリー、低電力モード、頑丈なチタン製ケースが搭載され、既存のバンドがまだ機能するように設計されているとのことです。

ガーマン氏は、Apple Watch Proの新しい機能を考えると、少なくとも900ドルから1,000ドルで販売され、現在のApple Watch Editionの販売価格を上回ると予想しています。

Apple Watchでビデオ通話ができるバンドがコチラ!カメラ内蔵で8GBのストレージ

参考:91mobiles via 9to5Mac 写真:91mobiles

関連記事