Apple AR/VRヘッドセットの商標申請!「Reality One」と「Reality Pro」?

投稿日:

by kenji

Appleは拡張現実(AR)および仮想現実(VR)ヘッドセットの発売を2023年1月に計画していると噂されています。

AppleがAR/VRヘッドセットの商標申請をしたとレポートがあり、話題になっています。

Apple AR/VRヘッドセットの「Reality One」と「Reality Pro」の商標申請

9to5Macによると、Bloombergは、 Apple関連企業が「Reality One」、「Reality Pro」、「Reality Processor」などの商標を申請したとレポート。

「Reality」というブランドについては、2017年にブルームバーグが、Appleが「rOS」やrealityOSに取り組んでいると最初にレポートしたときから知られており、2019年にAppleは、「RealityKit」という名前の開発者フレームワークを公開しています。

AR/VRヘッドセットは、Appleの最初の製品で「Reality One」です。

第1世代のAR/VRヘッドセットはハイエンドデバイスであると噂されており「Reality Pro」の可能性があります。

ヘッドセットには、両眼用に1つずつ、2つの超高解像度ディスプレイ、多数のカメラとセンサーが搭載される予定です。

Reality Processorは、デバイス用に設計されたカスタムAppleシリコンチップを指します。

9to5Macによると、AR/VRヘッドセットの商標申請がされても、9月7日のイベントでAppleが発表するとはかぎらないとのことです。

iPhoneのSafariで写真などの画像が読み込めない表示されない不具合の解決方法

参考:Bloomberg via 9to5Mac

関連記事