iPhone14で搭載されると噂されている新機能4つ!衛星通信接続機能やベイパーチャンバーなど

投稿日:

by kenji

Technizo Concept/YouTube

AppleのiPhone14シリーズの発表イベントが米国時間9月7日に開催されます。

イベントでAppleが発表するのではないかと噂されている新機能4つをお伝えします。

iPhone14で搭載されると噂されている衛星通信機能やベイパーチャンバーなど新機能4つ

MacRumorsによると、iPhone14で搭載されるとくり返し噂されていて、搭載されることが期待されている新機能が4つあるとのことです。

衛星通信接続機能

Bloombergは、Appleが衛星接続に取り組んでいるとレポート。

ユーザーは緊急時にテキストを送信したり、 iPhoneを使用して携帯電話のカバレッジがない地域で重大な緊急事態を報告したりできるようになるのではないかとのことです。

調査会社Telecom, Media and Finance Associatesの衛星通信コンサルタントのTim Farrar氏も先週Twitterで、Appleが9月7日のイベントで、iPhone14の衛星通信接続機能を発表する可能性があるとレポートしています。

ベイパーチャンバーサーマルシステム

MacRumorsによると、Appleの著名なアナリストのミンチー・クオ氏は、2021年1月のレポートで、2022年のハイエンドiPhoneには熱管理のためのベイパーチャンバーサーマルシステムが搭載されると伝えたとのことです。

 クオ氏によると、Apple はiPhone向けにベイパーチャンバーサーマルシステムを積極的にテストしていたとのことです。

ベイパーチャンバーサーマルシステムは、Samsung、Razer、LG などのハイエンドAndroidデバイスに既に搭載されており、デバイスを低温に保つのに役立っています。

Wi-Fi 6E 

現行モデルのiPhone13、Mac、iPadは、WiFi 6をサポートしています。

Wi-Fi 6Eは最新のWi-Fi規格で、大容量データ処理するための高速化された機能を提供します。

MacRumorsによると、iPhone13シリーズでは最新のWi-Fi 6Eを標準をサポートすることにはならなかったため、今後のiPhone14シリーズで搭載される可能性があるとのことです。

2TBのストレージ

iPhone13 Proで、Appleは1TBのストレージオプションの提供を開始しました。

MacRumorsによると、iPhone14 Proで、Apple はさらに大きな2TB ストレージオプションを提供できる可能性がありますが、実際に提供されるかはわからないとのことです。

「IPX7」のIPXって何?防水規格について詳しく解説するぞ

参考:MacRumors 写真: Technizo Concept/YouTube

関連記事