Apple 2022年第4四半期MacBook ProとiPad Pro量産開始?5nmチップ搭載?

投稿日:

by kenji

Apple

Appleが今年2022年秋以降に新型iPad Proとハイエンドの新型MacBook Proを発売すると予想されています。

アナリストが量産開始時期と搭載されるAppleのM2チップについてレポートし、話題になっています。

Appleは2022年第4四半期にMacBook ProとiPad Pro量産開始し5nmチップ搭載か

MacRumorsによると、Appleの著名なアナリストのミンチー・クオ氏はTwitterで、新型iPad Proとハイエンドの新型MacBook Proの量産開始時期と、搭載されるM2バリエントチップについてレポート。

クオ氏によると、Appleのサプライヤーは、2022年の第4四半期に14インチと16インチの新型MacBook Proと新型iPad Proの大量生産を開始し、すべてのデバイスに引き続き5nmチップが搭載される可能性が高いとのことです。

Appleのチップ製造パートナーであるTSMCが3nmチップの出荷を開始するのは2023年1月になるため、新型MacBook Proと新型iPad Proは5nmチップが搭載されると、クオ氏は予想しています。

M2チップを搭載した新型iPad Proは10月にリリースされると予想されていますが、新型MacBook Proのリリース時期はあまり明確ではなく、今年後半から2023年前半と噂されています。

14インチと16インチの新型MacBook Proには、M2 ProとM2 Maxチップが搭載されると予想されています。

注意!ハッカーがメールアドレスを悪用してできる7つのこと/予防方法は?

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事