2022年秋以降発売のMac miniとハイエンドのMacBook Proはさらに高速に?3nmプロセスのM2 Proチップ搭載

投稿日:

by kenji

Apple

Appleが今年2022年秋以降に新型Mac miniとハイエンドの新型MacBook Proを発売すると予想されています。

新型Mac miniとハイエンドの新型MacBook Proに搭載されるM2 Proチップが、新しい製造技術により、さらに高速になると予想され、話題になっています。

2022年秋以降発売のMac miniとMacBook Proは3nmプロセスのM2 Proチップ搭載?

Macworldによると、台湾のCommercial Timesは、AppleチップのサプライヤーTSMCが、今年2022年末までに、3nmプロセスでAppleのM2 Proチップの製造を開始するとレポート。

Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏は、M2 ProチップとM2 Maxチップを搭載した14インチと16インチのMacBook ProとM2 Proチップを搭載したMac miniを、2022年秋以降に発表すると予想

3nmプロセスは、現在の5nmからダイを縮小し、M2 ProチップはM1 Proチップよりも、処理速度がさらに高速になり、電力効率の向上によりバッテリー寿命が長くなることから、Macworldは、M2 Proチップ搭載のMacBook Proの処理速度とバッテリー寿命がさらに向上する可能性があると伝えています。

「IPX7」のIPXって何?防水規格について詳しく解説するぞ

参考:Commercial Times via Macworld 写真:Apple

関連記事