Apple iPhone14の出荷予想を9500万台に増加!サプライチェーンレポート

投稿日:

by kenji

iupdate/YouTube

Appleは例年通り2022年9月にiPhone14シリーズを発売すると予想されています。

スマートフォン市場は低迷していますが、Appleはこの傾向に逆行し、最新のサプライチェーンレポートによると、iPhone14シリーズの出荷予想台数を拡大するとのことです。

AppleはiPhone14の出荷予想を9500万台に増加

MacRumorsによると、Taiwan Economic Timesは、Appleがサプライヤーに対し、初期総在庫を9,000万台から9,500万台に拡大するように通知したことをレポート。

Appleは、iPhone14シリーズがiPhone13シリーズよりもよく売れると予想しており、出荷予想台数は当初予想よりも約5%の増加です。

iPhone14シリーズは、iPhone14、iPhone14 Max(Plus)、iPhone14 Pro、iPhone14 ProMaxの4モデルで、6.1インチと6.7インチの2つのディスプレイサイズで構成されます。

Taiwan Economic Timesによると、最新のレポートでは、最上位のiPhone14 ProMaxの在庫が最も多くなると予想されているとのことです。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:MacRumors 写真: iupdate/YouTube

関連記事