iPhone14の発売後に再販価格は最大16%下落する可能性!iPhone13やiPhone12など

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは例年通り2022年9月にiPhone14シリーズを発売すると予想されています。

発売時期が近づくと、予想やリーク情報が増えてきますが、iPhone14の発売後の中古iPhoneの再販価格の予想がレポートされ、話題になっています。

iPhone14シリーズの発売後に再販価格は最大16%下落する可能性

AppleWorld.Todayによると、携帯電話の再販サイトを運営する米国のSellCellは、iOS16発表後のiPhoneの再販価格予想についてレポート。

SellCellは、2021年6月1日から2021年12月1日までのiPhone11および12の「新品同様」の中古デバイスの再販価格のデータを分析し、今年2022年9月にiPhone14が発売された後の、iPhone13シリーズやiPhone12シリーズの再販価格の下落率を予想。

SellCellの分析結果によると、iPhone12シリーズとiPhone11シリーズはすべてのモデルで、iPhone13シリーズが発表された2021年9月に大幅に再販価格が下落し、その後多くのモデルで11月1日から12月1日の間に再販価格がいくらか回復しました。

512GBのiPhone12 ProMaxは、iPhone13シリーズの発売後1か月で再販価格が15.7%下落し、9月から11月にかけて、再販価格の下落率は16.5% に達しました。

256GBのiPhone11は発売後、再販価格が14.1%下落した後、少し値を戻し、11月の再販価格の下落率は11.3%でした。

SellCellは、iPhone13シリーズの発売後のiPhone12シリーズとiPhone11シリーズの下落率の分析結果から、iPhone14シリーズの発売後に再販価格は最大16%下落する可能性があると予想しています。

暑い夏にiPhoneでやってはいけない3つのこと!バッテリーの寿命が短くなることも

参考:SellCell via AppleWorld.Today 写真:Apple

関連記事