iPadOS15.6充電できないiPad mini6の不具合修正!早めのアップデートを推奨

投稿日:

by kenji

Apple

iPadOS15.5にアップデートした一部のユーザーから、iPad mini6が充電できない不具合で苦情が発生していましたが、AppleはiPadOS15.6でバグ修正したとのことです。

iPadOS15.6で充電できないiPad mini6の不具合修正

AppleサポートコミュニティフォーラムMacRumorsフォーラムには、iPadをiPadOS15.5にアップデートした後、充電できない不具合が発生しているという報告が多数あがっていました。

MacRumorsによると、Appleは本日iPadOS15.6をリリースし、iPad mini6が充電器やその他のUSB-Cアクセサリを検出しない可能性がある問題を修正したとのことです。

日本のAppleのiPadOS15.6のリリースノートには、「iPadOS 15.6には、機能強化、バグ修正、およびセキュリティアップデートが含まれます。」としか書かれていませんが、MacRumorsによると、完全なリリースノートは、以下の通りだとのことです。

  • TVアプリは、すでに進行中のライブスポーツゲームを再開し、一時停止、巻き戻し、または早送りするオプションを追加します
  • 設定が、デバイスストレージが利用可能であってもフルであると表示し続ける可能性がある問題を修正します
  • メール内のテキストをナビゲートするときに点字デバイスの速度が低下したり応答を停止したりする可能性があります
  • タブが前のページに戻る可能性があるSafariの問題を修正します
  • iPadmini(第6世代)が充電器または他のUSBを検出しない可能性がある問題を修正します

iPadOS15.6では37個のセキュリティパッチが提供されており、ゼロディ攻撃を避けるためにも、早めのアップデートが推奨されています。

Apple大量のセキュリティパッチを提供!iOS15.6、iPadOS15.6、macOS12.5、watchOS8.7

Apple iOS15.6とiPadOS15.6リリース!TV Appの新機能追加とSafariなどバグ修正

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事