iPhone14部品の供給問題発生!9月の発売に間に合うのか?

投稿日:

by kenji

Technizo Concept/YouTube

Appleは例年9月に新型iPhoneを発売し、今年2022年9月にiPhone14シリーズを発売すると予想されています。

アナリストからiPhone14の一部の部品に供給問題が発生したとレポートがあり、話題になっています。

部品の供給問題が発生したiPhone14は9月の発売に間に合うのか?

Appleの著名なアナリストのミンチー・クオ氏は、一部のiPhone14パネルおよびメモリサプライヤーに供給問題が発生していることをTwitterでレポート。

クオ氏によると、LG DisplayはiPhone14 Max(Plus)とiPhone14のパネル外観の問題が発生し、Micron&SKHynixはRAM(LPDDR5)の品質の問題に直面しているとのことです。

以前パネルに関しては、Display Supply Chain Consultants (DSCC)の創設者でディスプレイの専門家であるロス・ヤング氏は、iPhone14 Max(Plus)のパネル出荷は、iPhone14 ProMaxよりもはるかに遅れているとレポート。

9to5Macは、ヤングが伝えたようにiPhone14 Max(Plus)パネルの供給状況が悲惨な場合、発売が遅れたり、供給が大幅に制限されたりする可能性があると伝えていました。

クオ氏は、他のサプライヤが供給ギャップを埋めることができるため、iPhone14の今後の大量生産への影響は限定的だと、楽観的な見通しを伝えています。

「IPX7」のIPXって何?防水規格について詳しく解説するぞ

参考:9to5Mac9to5Mac 写真: Technizo Concept/YouTube

関連記事