iOS15.6、iPadOS15.6パブリックRC2リリース!Safariなどバグ修正

投稿日:

by kenji

MacRumors

Appleは本日、iOS15.6、iPadOS15.6RC2を開発者向けにリリースしましたが、本日パブリックソフトウェアテストプログラムのメンバーにもRC2がリリースされました。

iOS15.6、iPadOS15.6RC2入手方法

iOS15.6、iPadOS15.6のRC2は開発者向けRC2と本質的に同じものになります。

MacRumorsによると、リリース候補のアップデートは、来週一般公開される予定のiOS15.6およびiPadOS15.6の最終バージョンを表しているとのことです。

入手方法は、「Apple Beta Software Program」のウェブサイトからダウンロードします。

Apple Beta Software Program

今週リリースされたiOS15.6、iPadOS15.6RC版で、Appleはリリースノートで以下の新機能とバグ修正について伝えました。

  • TVアプリには、すでに進行中のスポーツの試合を再開し、一時停止、巻き戻し、または早送りするオプションが追加されています。
  • 使用可能な場合でも、設定でデバイスストレージがいっぱいであると表示され続ける可能性がある問題を修正します。
  • メール内のテキストをナビゲートするときに点字デバイスの速度が低下したり、応答が停止したりする可能性がある問題を修正します。
  • タブが前のページに戻る可能性があるSafariの問題を修正します。

iOS15.6では、以下のバグ修正がありました。

iOS15.6ベータ2 Apple Musicのバグ修正!アプリが自動的にDockに再配置されないように

パブリックベータ版のテストへの参加はAppleデバイスのすべてのユーザーが可能ですが、未完成のソフトウェアであり、バグなどによりデバイスが機能しなくなる可能性があります。

パブリックベータ版をインストールする前にファイルのバックアップを取ることをおすすめします。

iOS15.5の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

参考:MacRumors

関連記事