Apple iOS16ロックダウンモードを破ることができるハッカーに200万ドルを提供

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、iOS16、iPadOS16、macOS13で導入されるロックダウンモードについて説明しましたが、ロックダウンモードを破ることができるハッカーに200万ドルを提供するとのことです。

iOS16ロックダウンモードを破ることができるハッカーに200万ドルを提供

iOS16、iPadOS16、macOS13に搭載されるロックダウンモードは、一般ユーザーも利用できますが、非常に高レベルのセキュリティを提供し、ペガサス攻撃や国家が後援する傭兵スパイウェアなど、高度な脅威の標的となる可能性のある非常に少数のユーザー向けに作成されています。

Forbesによると、Appleはロックダウンモードのバイパスを見つけて侵入することができるハッカーに最大200万ドルの賞金を提供するとのことです。

Appleは、ハッカーに賞金を提供することで、ロックダウンモードの弱点をあぶりだし、よりロックダウンモードを強化するようです。

Appleのセキュリティエンジニアリングおよびアーキテクチャの責任者であるIvanKrstić氏は、「ロックダウンモードは、最もまれで最も高度な攻撃からもユーザーを保護するという私たちの揺るぎないコミットメントを反映した画期的な機能です。」と伝えています。

iOS16、iPadOS16、macOS13でロックダウンモード搭載!スパイウェアによる標的型サイバー攻撃を防ぐ

参考:Forbes 写真:Apple

関連記事