iPhone14サプライチェーンサイドから大幅な原材料価格上昇を警告!デバイス価格の値上げの可能性

投稿日:

by kenji

Technizo Concept/YouTube

Appleは今年2022年9月にiPhone14シリーズの4モデルを発売すると噂されています。

現在大量生産開始準備中のiPhone14シリーズのサプライチェーンサイドから、大幅な原材料の価格上昇の警告があり、話題になっています。

iPhone14サプライチェーンサイドから大幅な原材料価格上昇を警告!

iMoreによると、ブルームバーグはiPhoneなどに搭載されているAppleチップのサプライヤーTSMCに材料を供給する昭和電工株式会社が、すでに実施しなければならなかった大幅な値上げと、将来の値上げの可能性について警告しているとレポート。

昭和電工は「5500億ドルの半導体産業が直面する一連の経済的課題に取り組んでいるため、価格をさらに引き上げることを期待している」とのことです。

ブルームバーグは、新型コロナの流行によるの混乱とウクライナでの戦争、そして円安のために、今年はすでに少なくとも12回の値上げがあったと報告しています。

今週のインタビューで、昭和電工は、問題が来年まで改善する可能性は低いと警告しました。

昭和電工最高財務責任者染宮氏は、「顧客に転嫁するコストを大幅に引き上げざるを得なかった」と述べ、以前に計算した「2倍の金額」を求めていると述べたとのことです。

iMoreは、サプライチェーンサイドでの原材料価格の変更の結果、部品調達価格が増加し、最終的には顧客に転嫁される可能性があり、iPhone14などのデバイス価格が上昇する可能性について伝えています。

iPhoneの持ち方で性格が分かる?4つのタイプ別診断が話題

参考:Bloombergvia iMore 写真: YouTube

関連記事