M2チップ搭載MacBook Proで深刻なサーマルスロットリング発見!108℃に達した実験動画が話題

投稿日:

by kenji

Max Tech/YouTube

先週M2チップ搭載13インチMacBook Proが発売されました。

M1Proチップ搭載14インチMacBook ProとM2チップ搭載13インチMacBook Proの比較動画を撮影していたYouTuberが、M2チップ搭載MacBook Proで深刻なサーマルスロットリングを発見し、話題になっています。

M2チップ搭載MacBook Proで深刻なサーマルスロットリング発見

M2チップ搭載MacBook Proで深刻なサーマルスロットリングを発見したのは、YouTubeチャンネル「Max Tech」のVadim Yuryev氏。

Max Techの動画からは、M2チップ搭載MacBook ProはM1Proチップ搭載のMacBook Proに比べると、処理速度などでは性能は劣りますが、一般的に優れたパフォーマンスを提供していることが分かります。

Max TechはCPUに負荷をかける実験として、実際のビデオ編集テストを行いました。

CPUに高負荷をかける実験の結果、M2チップ搭載MacBook ProのCPU温度は108℃に達し、CPUの温度が上昇しすぎたときにクロック周波数を落として温度を下げるサーマルスロットリングが発生。

急激にCPUは温度を下げ、41℃まで下がりましたが、サーマルスロットリング中は過熱を防ぐために処理速度が遅くなります。

Cult of Macは、M2チップ搭載MacBook Proにはファンが1つついているが、M2チップ搭載MacBook Airにはファンがないので、どの程度のサーマルスロットリングが発生するのか注意が必要だと伝えています。

頭痛や不眠のときにiPhoneのブルーライトを調整する方法を解説する動画が話題!Night Shiftの活用法

参考:Cult of Mac 写真:Max Tech/YouTube

関連記事