iOS15.5とiPadOS15.5 Apple Booksアプリで不具合発生!クラッシュして開けないと苦情

投稿日:

by kenji

Apple

AppleがiOS15.5とiPadOS15.5をリリースしてから約1か月半。

iOS15.5とiPadOS15.5にアップデートした一部のユーザーから、Apple Booksアプリの不具合で苦情が発生しているもようです。

iOS15.5とiPadOS15.5 Apple Booksアプリでクラッシュして開けない不具合発生

9to5Macによると、iPhoneとiPadを最新バージョンであるiOS15.5とiPadOS15.5にアップデートした後、Apple Booksアプリで本を開こうとするとクラッシュして開けないという報告があるとのことです。

Apple BooksアプリのAppStoreのレビューでは、アプリで問題が発生しているユーザーがかなりの数いることが確認されており、否定的なレビューの多くが、Apple BooksはiOS15.5とiPadOS15.5にアップデート後に本を開かなくなったと報告しています。

AppStoreのレビューでユーザーは、「15.5のアップデート後は本を開くことができません。それは非常に悪いことです」や、「私がiPadを持っている主な目的は読書であり、私は常に読書に苦労しています」とコメントされています。

9to5Macによると、iOS15.5とiPadOS15.5でApple Booksがクラッシュして開けないのはバグが原因で、iOS15.6ベータ版とiOS16ベータ版を実行しているデバイスでは不具合が発生しなかったことから、iOS15.6とiPadOS15.6でバグの修正が行われるのではないかとのことです。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:9to5MacApple 写真: Apple

関連記事