iOS15.6、iPadOS15.6、watchOS8.7パブリックベータ4リリース

投稿日:

by kenji

MacRumors

Appleは、iOS15.6、iPadOS15.6、watchOS8.7ベータ4を開発者向けにリリースしましたが、本日パブリックソフトウェアテストプログラムのメンバーにパブリックベータ4がリリースされました。

iOS15.6、iPadOS15.6、watchOS8.7パブリックベータ4入手方法

iOS15.6、iPadOS15.6、watchOS8.7のパブリックベータ4は開発者向けベータ4と本質的に同じものになります。

入手方法は、「Apple Beta Software Program」のウェブサイトからダウンロードします。

Apple Beta Software Program

iOS15.6では、以下のバグ修正がありました。

iOS15.6ベータ2 Apple Musicのバグ修正!アプリが自動的にDockに再配置されないように

MacRumorsによると、Appleは、iOS15.6、iPadOS15.6、watchOS8.7の公式機能を発表しておらず、バグ修正がメインの可能性があります。

iOS15.5、iPadOS15.5、watchOS8.6ではセキュリティアップデートで大量のセキュリティパッチが提供されたことから、目的はセキュリティアップデートがメインの可能性もあります。

パブリックベータ版のテストへの参加はAppleデバイスのすべてのユーザーが可能ですが、未完成のソフトウェアであり、バグなどによりデバイスが機能しなくなる可能性があります。

パブリックベータ版をインストールする前にファイルのバックアップを取ることをおすすめします。

iPhoneでアプリがクラッシュしたり不具合が発生!6つの原因と7つの解決方法

参考・写真:MacRumors

関連記事