Apple Watchシリーズ8新低電力モード搭載?バッテリー寿命が伸びる可能性

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは今年2022年秋に3モデルのApple Watchを発売すると噂されています。

その一つのApple Watchシリーズ8では、新しい低電力モードが導入されるとレポートされ、話題になっています。

Apple Watchシリーズ8新低電力モード搭載?

AppleのWWDC2022前に、Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏は、watchOS9で新しい低電力モードが導入されるのではないかと予想してました。

ガーマン氏は最新のPower Onニュースレターで、新しい低電力モードは、2022年秋に発売されるApple Watch専用の新機能になると予想しています。

現行モデルのApple Watchには、パワーリザーブモードがありますが、バッテリーを節約するために、時間を表示する機能以外を停止します

そのため、緊急機能以外のアプリやその他の機能にアクセスするために、Apple Watchを再起動する必要があります。

9to5Macによると、ガーマン氏が伝える新低電力モードでは、ユーザーは電力をあまり消費せずにApple Watchのアプリと機能を使い続けることができるためバッテリー寿命が伸びる可能性があり、iOS15およびmacOS12ですでに利用可能な低電力モードと同様の機能になるとのことです。

9to5Macは、Apple Watchシリーズ8にはApple Watchシリーズ7と同じチップの搭載を続けると噂されているので、どうして新低電力モードがApple Watchシリーズ8だけに搭載されるのか分からないと伝えています。

Apple Watchでビデオ通話ができるバンドがコチラ!カメラ内蔵で8GBのストレージ

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事