iOS16、iPadOS16、macOS13、watchOS9に搭載されたサードパーティアプリの機能!不要になったSherlockedアプリは?

投稿日:

by kenji

Apple

AppleはWWDC2022で、 iOS16iPadOS16watchOS9macOS13にまたがる新機能の追加など、アップデートをいくつか紹介しました。

今年もAppleがソフトウェアにサードパーティアプリの特徴である機能を組み込んだため、不要になってしまったSherlockedアプリが多く、話題になっています。

iOS16、iPadOS16、macOS13、watchOS9に搭載され不要になったSherlockedアプリ

TechCrunchによると、 iOS16iPadOS16watchOS9macOS13に主要機能が搭載され、不要になったアプリが多数あります。

iOSなどのソフトウェアに搭載され不要になったアプリは、一般的にSherlockedアプリと呼ばれています。

連係カメラ機能

iOS16とmacOS13の連係カメラ機能により、iPhoneをWebカメラとして使用できるようになります。

Apple

これは今までサードパーティアプリのCamoの主要機能でした。

Apple Pay Later

Appleは後払いサービスApple Pay Laterを開始します。

これは米国だけの機能ですが、Apple Pay Laterサービスでは、6週間に渡って4回分割で支払う方法で、利息やサービス料を負担する必要はありません。

これは今までサードパーティアプリのKlarnaClearpay、その他多数のアプリの主要機能でした。

写真の被写体切り抜き機能・背景削除機能

iOS16では、写真の被写体切り抜き機能・背景削除機能が搭載されました。

これは今までサードパーティアプリのremove.bgの主要機能でした。

Macworldは、背景から被写体を自動的に削除する優れたiOS16の新機能のおかげで、写真を切り抜く必要があるという理由だけで、Photoshopの購読にかかる時間が大幅に短縮されると伝えています。

服薬管理

Appleは、iOS16とwatchOS9で服薬管理のための薬の記録とリマインダー機能を搭載しました。

Apple

米国では、薬の重要な相互作用についても通知します。

これは今までサードパーティアプリのMyTherapy、Pillboxの主要機能でした。

共同作業アプリFreeform

Appleの共同作業アプリFreeformは、チームメートが一緒にデジタルホワイトボードで作業できるようにする新しいコラボレーションアプリです。

Apple

独自のメモを追加したり、写真を含めたり、FaceTime会話をアプリからできます。

今年2022年後半から、iOS16、iPadOS16、macOS13で利用できるようになります。

これは今までサードパーティアプリのFigJam、GoodNotes、ExplainEverythingなどの主要機能でした。

睡眠追跡機能

AppleはwatchOS7で基本的な睡眠追跡機能を導入しました。

ヘルスケアアプリは就寝モードのスケジュールと電話の使用状況に基づいて睡眠を追跡します。

Apple

iOS16とwatchOS9では、レム睡眠、コア睡眠、深い睡眠、それぞれの睡眠ステージにいた時間の長さ、睡眠中の心拍数など、睡眠に関する統計情報を取得できます。

これは今までサードパーティアプリのOura、Whoopの主要機能でした。

Apple Watchでビデオ通話ができるバンドがコチラ!カメラ内蔵で8GBのストレージ

参考:TechCrunchMacworld 写真: Apple

関連記事