watchOS9ベータ2 Apple Watchの最大バッテリー容量再調整機能追加!正確に表示可能に

投稿日:

by kenji

Apple

watchOS9ベータ1リリース後約2週間半、本日、Appleは開発者向けにwatchOS9ベータ2をリリースしました。

watchOS9ベータ2に新機能の最大バッテリー容量再調整機能が追加されており、話題になっています。

watchOS9はApple Watchの最大バッテリー容量再調整機能追加

watchOS9ベータ2リリースノートによると、AppleはApple Watchシリーズ4とApple Watchシリーズ5に最大バッテリー容量の再調整機能を追加したとのことです。

watchOS9にアップデートした後、Apple Watchシリーズ4またはシリーズ5は再調整し、最大バッテリー容量をより正確に推定します。

以前Appleは、iPhone11に最大バッテリー容量の再調整機能を導入して、iPhoneのバッテリー寿命の見積もりをより正確にしましたが、これまでApple Watchで利用できる同様の機能はありませんでした。

MacRumorsは、watchOS9のアップデート後、バッテリーの寿命が誤って伝えられていることに気づいたApple Watchシリーズ4およびシリーズ5のユーザーは、最大バッテリー容量の再調整機能により、デバイスの寿命をより正確に把握できるようになるはずだと伝えています。

Apple watchOS9開発者向けベータ2リリース!睡眠追跡や投薬管理など新機能追加

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事