2024年後半発売予想のApple AR Glass設計開発段階に到達!10年以内にiPhoneに取って代わる可能性も

投稿日:

by kenji

9to5Mac

Appleが拡張現実(AR)および仮想現実(VR)ヘッドセットを2023年前半に発売すると噂されています。

次に、Appleが発売すると予想されている拡張現実(AR)Apple Glassが設計開発段階に到達したとレポートされ、話題になっています。

2024年後半発売予想のApple AR Glassは設計開発段階に到達

9to5Macによると、Haitong Intl Tech ResearchのアナリストJeff Pu氏の投資家へのメモには、Apple AR Glassは現在、設計開発段階にあるとのことです。

Pu氏によると、Apple AR Glassが設計開発に入ったことから、プロトタイプは今年の終わりまでに準備が整い、2024年の後半に大量生産されます。

Appleは導波管技術の採用を計画しており、コーニング(GLW)と保谷(7741 JP)のガラスをサンプリングしているとのことです。

今年2022年後半または来年2023年初めに発表される可能性のあるAR/VRヘッドセットとは異なり、Apple AR Glassは拡張現実技術に100%焦点を当てています。

9to5Macによると、分析によれば、Apple AR Glassは10年以内にiPhoneに取って代わる可能性があるとのことです。

iPhoneのバッテリー寿命を短くする上位20アプリが判明!FacebookやYouTubeなど

参考:9to5Mac 写真:9to5Mac

関連記事